HOME > LINEスタンプクリエイター向けブログ > iPhoneでLINEスタンプを作成する方法【イラスト編】

iPhoneでLINEスタンプを作成する方法【イラスト編】

スタンプ作成イラスト編

iPhoneでLINEスタンプを作成する方法

今回は、イラスト編です。
まずは、紙に書いたスタンプのイラストを無料アプリの「Adobe Ideas」を使って画像データにする方法を紹介していきます。

紙にスタンプの下書きイラストを描こう!

まずは、ここから開始しましょう。
絵を描くのが苦手な人も、不恰好でもいいのでとにかく何か一つ絵を描いてみましょう!

ちなみに、私、ぱんだぽんも今回紹介する方法で一枚スタンプ画像を作ってみました。

スタンプ作成手順画像1

こんな感じに、紙に絵を描きましょう。

※ここで気を付けるポイントは、公式LINESTOREのフォーマットが、W:370 × H:320 と指定されているので必ずその比率で描くようにしましょう。

定規で、枠を書いてその枠の中にスタンプのイラストを描くようにすると簡単です!

例えば横を10cmにした場合、高さは8.7cmに設定すればOKです。(1.15:1になっていればOKです)

描いたイラストをスマホでパシャリ

イラストが描けたらスマホのカメラで写真を撮りましょう!

この時スタンプイラストを描いた時に引いた、1.15×1の枠線を画面内に入れるように撮影しましょう!
※後で、サイズ調整する時に簡単になります。

「Adobe Ideas」を使ってイラストを描いて保存

1、iPhoneアプリの「Adobe Ideas」を立ち上げます。

スタンプ作成手順画像2

2、画面下のアイコンをタップしてください。

スタンプ作成手順画像3

3、フォトライブラリを選択して先ほど撮影した画像を選択します。
選択した画像がアプリ内で出てきたことを確認して下さい。
左下の「レイヤー」アイコンをタップします。

スタンプ作成手順画像4

4、「描画レイヤー」と「写真レイヤー」があると思いますので写真レイヤーの文字部分をタップします。
タップしたら、つまみの様なものが「写真レイヤー」の文字の下に現れるのでそれをタップして左にスライドさせてみましょう。
写真レイヤーの線が薄くなってなぞりやすくなりました。
この写真レイヤーの薄くなった線を「描画レイヤー」でなぞればOKです。

スタンプ作成手順画像5

次に「描画レイヤー」をタップします。
線をなぞるときは必ず「描画レイヤー」に描きます。「写真レイヤー」には書き込まないように注意して下さい。

5、線を描く(輪郭線)色を選択します。
鉛筆マークのアイコンをタップして下に出てくるカラーを選択しましょう。
今回は、輪郭線を黒で描きたいので黒を選択します。

スタンプ作成手順画像6

線の色を決めたら次は、線の太さを決めます。
「サイズ」と書かれている丸をタップすると、横に縦長のつまみが出てきますのでそれを上下に動かして線の太さを決めます。
あまり細すぎると難易度が上がってしまうので、3.5~4.5くらいにすることをオススメします。

スタンプ作成手順画像7

6、線の色、太さを決めたらいよいよ描画(なぞっていきます)します。
線と線が途切れないように(隙間ができないように)描画して下さい。
うまく線をなぞれない人は、画面をピンチイン(指2本で画面を広げる)してズームしてすこしずつ描いていくとうまくなぞれます。

線を描くのを失敗してしまったら下の写真のボタンを押すと一個前に戻って何度でもやり直すことが出来ますので失敗したら一個戻ってを繰り返しながら描いていきましょう。

スタンプ作成手順画像8

7、線で描画できたら次に色を塗っていきます。
色を塗る前にレイヤーアイコンをタップして下の画像のアイコンをタップしてコピーしておきましょう。
色を塗り替える時や、表情を少し変える時などこのコピーを使うことが出来るので便利です。

スタンプ作成手順画像9

8、次に色を塗っていきます。
「ツールアイコン」をタップして左端にあるバケツのアイコンの「塗りつぶしツール」を選択しましょう。
あまり複雑な絵でもない限り色を塗るのは、比較的簡単です。

スタンプ作成手順画像10

9、カラーを選択して色を選びます。
ここで注意したいのが、カラーモードです。
LINEクリエイターズマーケットで指定されているカラーフォーマットが「RGB」なので色もそれに合わせて「RGB」を選択しましょう。

スタンプ作成手順画像11

10、色を塗るために、バケツのマークのアイコンを選択しましょう。
選択したあとは、塗りつぶしたい線で囲まれた部分をタップするだけです。

スタンプ作成手順画像11

11、色の塗りつぶしが完了したら、「写真レイヤー」は不要になったので隠します。
レイヤーアイコンをタップして、写真レイヤーのチェックを外しましょう。

スタンプ作成手順画像12

12、スタンプのイラストが完成したので、保存してみましょう。
画面上部の共有アイコンをタップします。

スタンプ作成手順画像13

13、共有を選択します。

スタンプ作成手順画像14

14、画像を保存をタップして完了です♪

スタンプ作成手順画像15

いかがでしたでしょうか?

iPhoneだけでイラストうまく描けましたか?
多少、慣れが必要ではありますが書いていくうちに割とすぐに慣れてしまうでしょう!

次回は、今回保存したイラスト画像の背景透過とサイズの調整方法を紹介しますのでお楽しみに!

お問合せフォーム

スタンプFCへのご意見お待ちしております。

頂いたご意見への回答は行っておりません。
返信の必要なお問合せはコチラ
© 2017 スタンプFC